トップ / 親が考える子供が通う学校

親が考える子供が通う学校

子供が進学する学校

学食

学校のレベルは話題に上ります

子供を持つ親の中では、子供が進学する学校について非常に意識している人が多いのが実情です。公立であっても、レベルなどの違いがあるため、引越しをして学区を変えて、通いたい所に通わせるというような話題が出てくることすらあるのです。それほど、日常の中で自分の子供の学力だけでなく、校風であったりレベルであったりということが意識されているということになるので、学校行事への参加であったり、PTAへの参加ということについても、積極的にされている人が多いということになります。学力だけでなく、文武両道というようなことにも重きを置いている親御さんというのは多いものなのです。

話題の所に注目してみる

話題性の高い学校というのは魅力的なものですよね。ただ、話題性の背景に隠れているもにも十分注目しましょう。例えば、卒業生の国家資格の取得率の高さを魅力として挙げているのであれば、かなりの人数が卒業できないほどカリキュラムが厳しい、という事実が隠されていることもあります。卒業できれば国家資格を取得できるほどの実力まで育っているということです。良いと捉えるか悪いと捉えるかは、本人次第ですが、キャッチーな内容にだけ注目するのではなく、学校の本質を見極めるように情報を読み解くようにしましょう。進路選択は誰しも将来を決める大きな分かれ道です。時間をかけて情報を吟味することが必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の校則の中の一つ. All rights reserved.